予備校の存在意義

予備校とは大学受験や資格受験等、試験を受ける人はその対策や知識を提供する商業的な教育施設の事を言います。予備校の種類は多彩で、進学試験のための受験予備校、司法試験予備校、公務員試験予備校が一般的な予備校として知られていますが、パイロットやアナウンサー、医師国家試験や気象予報士の採用試験にパスするための予備校もあります。

また一般的には認識されていないものの、車の運転に必要な運転免許証を取得するための自動車学校も予備校のカテゴリーに分類されているそうです。今では通う事が一般的になっている予備校ですがその始まりは1970年代からだそうです。

この年代から爆発的に予備校や学習塾が増えたと言われており、当時の生徒集めはかなりのものだった様で消費者との間にトラブルが絶えずそのトラブルを解決する「学習塾110」なる電話サービスも設置されてとの事でした。

また次第に学歴が重視され始める様になったのもこの頃の事で大学に通うという事が一種のステータスと受け止められる様になった学歴至上主義時代の始まりなのです。当時、大学への進学は浪人して入学する事が一般的であり、大学受験に向けて浪人生に知識や対策を与える予備校が広まって行ったそうです。

しかし1990年代後半になるとバブル崩壊に伴い景気は低迷、少子化となると大学自体の競争率が低下につれ浪人生も少なくまり増した。この事を背景に予備校は浪人生のための場でなく、浪人をさせずに現役合格を目的とする今の予備校のスタイルとなっていきました。

Copyright © 2013 人気の予備校事情 All rights reserved.