運転免許のための予備校

以外と認識されていませんが免許を取得するための自動車学校も予備校に分類されます。なので俗に言う一発合格でない限り免許を所持しているほとんどの人が予備校経験者と言う事になるのです。

免許取得までのスケジュールはまず自動車学校に入校してから学科教習を10時限、技能教習をマニュアル車では15時限、AT車では10時限を受けます。その後で仮免前学科効果測定があり修了検定を受けると仮免学科試験へ進めます。そして仮免学科試験をパスすると仮免許証が交付されるのです。

仮免許証を取得後は一般車両に混じり公道での運転を含む技能教習を19時限、学科教習を2時限行い卒検前学科効果測定をパスして卒業検定となり、見事卒検に合格すれば運転免許証交付となります。

自動車学校で学ぶ時間自体は技能、学科共に短い時間なのですが、社会人であると仕事の休みの日に通う事になり免許取得まで長期間を要する場合が多々あります。ある程度のまとまった休みを捻出出来るであれば合宿で取得するのも一つの手段です。

こちらは最短で免許を取得する方法として良く知られており、また通常自動車学校に通うと学費は30万円程度の費用が必要となりますが合宿は20万円程度でリーズナブルに免許を取得出来ますので、お金に余裕がないといった学生やまとまった休みが取れる社会人は合宿でも良いかと思われます。

自動車学校はそれぞれの学校に独自性がを持つ点も特徴と言えます。中には用意されている教習者が全てBMWと言う高級感漂う学校もある様です。

Copyright © 2013 人気の予備校事情 All rights reserved.