専門職種の予備校

大学予備校、公務員予備校と予備校の種類も多様化をみせています。あらゆる試験に対しての予備校が存在すると行っても言い過ぎではないでしょう。独自の業務を仕事とする専門職への就職を目指せる予備校もあります。

この専門職種の予備校で代表的な学校と言えば気象予報士やアナウンサー、客室乗務員、パイロットの予備校といったところです。それぞれに独学でも就職は不可能ではありませんが専門職は仕事内容にそれぞれ深い知識と高い技術が必要となるため勉強もかなり本腰を入れないと各試験にパスするのは難しいと思われます。

よほどの自身があるのであれば別ですが自分の勉強方法が理に適っているものなのか見直したいと言う人や勉強方法が分からない人は予備校に通う方が良いと思われます。専門職種の予備校では試験の傾向を解析し対策を立ててくれますので純度の高い勉強ができます。

また不安な事や不明な事があれば講師や仲間に相談して解決出来るメリットがあります。また何より専門職と言うと大学受験と異なり試験を受ける人数は限られてきます。その中で同じ志を持ち勉強に励む仲間が出来るというのは大変に心強いものではないでしょうか。

ちなみにおおよその試験合格率は気象予報士採用試験の場合およそ4.8%程度、アナウンサー採用試験の場合およそ0.01%以下、客室乗務員採用試験の場合10%から1%程度、パイロット採用試験の場合、推測で0.3%程度であるそうです。

Copyright © 2013 人気の予備校事情 All rights reserved.