公認会計士を目指す予備校

公認会計士とは国家資格であり会計・財務業務のプロフェッショナルです。その業務としては「監査業務」「税務業務」「コンサルタント業務」がメインとなります。

「監査業務」とは第三者機関として実際の経営状態と企業の経営状態を示した財務書類企業の経営状態を照らし合わせ整合しているがチェックする業務です。
「税務業務」とは税務の代理や税務書類作成又は税務相談を行う業務です。この業務は本来の会計士の仕事ではなく税理士の業務ですが公認会計士は税理士会に登録を行えば業務として扱う事が出来ます。
「コンサルタント業務」近年増加している業務でもあり、企業からの経営についての相談に応じ助言や提案を行う業務です。
公認会計士になるにはまず公認会計士試験に合格する必要があります。受験資格は無く言わば誰でも受験する事が出来ますが司法試験や医師国家試験と併せ三大国家試験と呼ばれるほど難易度は高いとされており公認会計士は大学の経済学部や商学部で学ぶ人が目指す事が多い様です。

また試験に合格してもすぐには公認会計士にはなる事が出来ません。2年以上の実務経験を行なった後、最終試験を受けて合格し初めて公認会計士となります。試験も難しく公認会計士となるまでも長い月日を要する職業ですが開業すればやりがいもあり高収入も望める仕事ですので情熱を持って試験に挑戦していきましょう。

公認会計士の予備校もあるので目指すと決めた人は早めに予備校に通い始めたほうが良いでしょう。公認会計士の試験は余りに範囲が広く、また、法律や会計基準が毎年の様に更新されるため独学は非常に困難とされています。

なので受験者のほぼ100%近くが何らかの形で予備校を利用している様です。公認会計士に特化した予備校も数多くあるので出来るだけ多く資料を取り寄せてベストな予備校で勉強を励んでいきましょう。

Copyright © 2013 人気の予備校事情 All rights reserved.