建築家になるために

まず建築士は国家資格者です。家を建てる事は住居者の生活や命に直結する事ですので地盤や建物の強度、材料、災害について等様々な見識が必要だからです。建築士を目指すためには建築士試験に合格しなければなりませんが試験を受けるのは受験資格が数パターンあります。

まず大学・短大・高専で建築学科を修了し卒業した場合は2級建築士試験を受験出来ます。また大学や短大を卒業し4年以上、高専を卒業し3年以上の実務経験がある場合は一級建築士試験を受験する事が可能です。大学・短大・高専の土木学科を修了し卒業した場合は1年以上の実務経験を積む事で2級建築士を受験する事が可能です。

高校の建築や土木学科を修了し卒業した場合は3年以上の実務経験により2級建築士試験を受ける事が出来ます。また学歴や年齢を問わず7年以上の実務経験を持つ場合は2級建築士の受験が可能となります。このように試験を受けるまで実務経験が必要とされており非常に合格までに時間と経験が要求される難易度の高い試験です。

1級建築士は特に難関で難易度が高い事で知られています。ですので建築士になるという目標が明確であれば早い時期に建築士試験の勉強をスタートさせる事がベストです。建築試験対策の予備校も用意されていますので興味がある人は資料を請求してみると良いと思います。

予備校は試験に合わせたカリキュラムを建てているので計画的な勉強が出来、また短期間のコースも用意されているので自分の勉強のレベルと把握する使い方も出来るので一月から試験日まで予備校で学ぶ人からスポット的に学びたい人にもお勧めです。

Copyright © 2013 人気の予備校事情 All rights reserved.